井関とオカヨシガモ

スタメン既存

ここからは、昨日の賭けにあたって、おいらの思ったことを。前日ね。スタメン既存しすぎのトラブルが確実にでていましたね。姿の情けないアスリートや、概況の情けないアスリートが、姿の良いアスリート、調子の良いアスリートがいるのにもかかわらず、しれっと、序列なのかわかりませんが、使われて仕舞う、趣きが、ジーコのときの趣き、丸ごとですな?といった。予選、アジア戦法に関しては、依然として、その通りで良かったかと思いますね。ボールをもてて、個の力を発揮できるアスリートをかき集める作戦はね。ただ、これからの賭け、今季ですと、コンデフェレーションズカップ。やら、翌年のブラジルで得る、ワールドカップに関しては、このままではどうなのかな?って。
アジアでは、顧客が国内よりも激しくないから、国内がボールを持てるという要件で、賭けはできるけど、背景にでたパターン、国内って、個のくらいさが、でてしまうので、アジア勢といった始める状態といった、正反対のグループをつくれるか、どうしますかね?
借りる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です