こちら

仮に、おいらのですけれども、2番ということにしたのであれば、ナンバーワンは坂口、2番山田。3番川端、4番バレンティン。5番雄平。で、あとは中村。サードに廣岡。ショート奥村というため、廣岡あるいは中村を6番で、7番に奥村で8番にどちらかで9番に投手というのであれば、ほどほど競り合えるかと。
川端がだめで畠山が元気であれば、3番に雄平を置いて、5番に畠山で6番に左手打者の奥村みたいな打線を組むのが良いかとね。
本当に、今年の感じであるとね。川端って畠山で2人で1ユーザーくらいの感じでファーストをやってもらうってね。なので通年できたら可能かとね。
あとはセンターに山崎を使う時折、ナンバーワンで扱う。3番には坂口。雄平。川端を捨て置くみたいな感じでトップクラス打線にいい選手を置くってう案件ね。やるね。
こちら
バントをしないというのではなく、選手の力量を使いこなすことはやるけれども、どうなのかな?というね。
ということを個人的に考えても諦めるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です