プロペシアとは?

プロペシア HOME

プロペシアは脱毛を抑制するAGA治療薬

「プロペシア」は、2005年にAGA(男性型脱毛症)治療薬として薬事認可された医薬品であり、一般的には「飲む育毛剤」というキャッチフレーズで知られています。

プロペシア[Propecia]のProは、Pros and Cons(語源=ラテン語:良い点と悪い点の意)のProであり、PeciaはAlopecia=脱毛症から由来しています。

プロペシアのキャッチフレーズである「飲む育毛剤」という響きから、プロペシアを服用すると「髪の毛が生えてくる?」、「髪の毛が太く長く成長する?」と連想されるかもしれませんが、プロペシアの効能・効果を単純化してご説明すると、育毛や発毛促進ではなく、「脱毛の抑制」となります。

そもそも、AGAにより薄毛になってしまう原因は、毛包の矮小化と毛周期の短縮化にあります。毛包が矮小化すると細く弱々しい毛髪しか生えてこなくなり、毛周期が短縮化すると毛髪が長く生え揃わないうちに抜け落ちてしまいます。

よって年月の経過と共に薄毛が目立ってくるのです。プロペシアを服用することで、この毛包の矮小化・毛周期の短縮化を防ぎ、正常な状態に戻すことが可能となります。

米国FDA(日本でいう厚生労働省)認可の薬品でもあるプロペシアは世界60ヵ国以上で承認されており、日本でも「国が認めた初めてのAGA治療薬」として実績・信頼を重ね、現在プロペシアを服用している男性は全国で数十万人に達しています。

AGAは進行性という特徴を持っているため、何も対策をせずに抜け毛をほおっておくと確実に薄毛は進行していきます。薄毛対策の第一歩としてプロペシアを選択し、脱毛抑制から始めるのが薄毛治療の王道となります。

プロペシアについて学ぼう!